VL-SGD10Lワイヤレステレビドアホンは簡単に取り付けられるのか?

2020-10-24

さて、わが家にも、下のようなテレビドアホンがあればいいなぁ~、取付けたいなぁ~って思っている人は多いんです。

ワイヤレスドアホン VL-SGD10L
ワイヤレスドアホン VL-SGD10L

しかし実際は、「現在の電線が使えるかどうか分からない」とか、また「100Vの電源が取れるかどうかも分からない」といった理由から、設置に踏み切れないという方が案外多いんです。

そこで、そんな方にお薦めしたいのが、上記Panasonic製のワイヤレステレビドアホン(VL-SGD10L)です。

この機種は電波を使って親機と子機間の通信ができますので、配線(通信線)や100V電源のことを一切気にせずに設置できます。それでは以下にその設置方法をご紹介します。

こんな方にお薦め

先程も、テレビドアホンへの交換を望んではいるものの、いざ交換となると躊躇してしまう方が多いと紹介しましたが、具体的な理由としては次のようなものがあります。

  • 自分で交換できるどうか不安がある
  • 現在の電線が使えるかどうか分からない
  • 電源(100V)が必要か、無くても良いのかの判断ができない
  • 自分で交換できなかった場合、電気屋さんに依頼することになる

まず、一つ目の理由としては、もしテレビドアホンを購入しても、はたして「自分で取付けできるかどうかといった不安がある」こと。これは、このような交換作業をした経験が無ければ不安になっても当然だと思います。

2点目の、「現在の電線がそのまま使えるかどうか分からない!」、もしかしたら、新しい電線に引き替えないと使えないのだろうかという心配は、電気に関しての知識が乏しいので仕方ありません。m__m

でも、弱電用として使用されている電線ならば、新規に交換する親機と玄関子機にも十分使用できますので心配はいりません。

3点目の「電源(100V)が必要かどうか」という心配。これも経験のない方にとっては、非常に判断しづらいことだと思います。

でもこれに関しては、親機を取り外してみれば分かります。しかし、100Vの電源ケーブルが直接ドアホン親機に接続(電源直結式)されている場合、電気工事士の資格の無い者が取外してはいけないことになっています。

最後、4点目の「自分で取り付けできなかった場合」ですが、これは知り合いに詳しい方がいればその方に頼んでも良いと思いますが、もしそういった方がいない場合は、電気屋さんに頼まざるを得ないということになります。

そうなると機器代の他に、工事費という余計な出費がかさんでしまいます。以上のように様々な事が脳裏をよぎると、「ああっ~面倒くさい!やっぱりやめよう」と思うことでしょう。

配線工事など一切不要!

テレビドアホン「VL-SGD10L」は設置も簡単です。なぜかというと有線のドアホンと違い、室内に設置するドアホン親機と玄関子機間の通信には、配線工事をする必要のないワイヤレス(無線)式だからです。

それに、ドアホン親機と玄関子機の電源は100vではなく「電池を使用」するので、設置も非常に簡単にできます。

しかし、ドアホン親機を充電する場合には、充電台に親機をセットした後にコンセント(AC100V)に差し込んで充電しますので、勘違いをしないように注意してください。

以下に示す画像の左側が「単三乾電池をセットした玄関子機」で、右の画像が「電池パックをセットしたドアホン親機」です。

(左)玄関子機 | (右)ドアホン親機

ワイヤレス玄関子機は単三型電池を6個使用し、モニター親機は付属の電池パックをセットした後に充電をすることで使えるようになります。

どうでしょうか。これなら自分でも簡単に設置できそうだと思いませんか。ただ、以下のような懸念材料もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

ワイヤレスドアホン購入前に確認しよう!

では、ワイヤレスドアホン(VL-SGD10L)を購入する前に、玄関子機が取付けられるかどうかを確認しておきます。

理想としては、玄関付近の壁面内に、子機を取り付けるためのボックス(下画像)が埋め込まれていれば、何の問題もなく設置は簡単にできます。

(左)コンクリート埋込のボックス |(右)木造壁面埋込ボックス

左が鉄筋コンクリート構造の建物に埋め込まれているボックスで、右が木造住宅の壁に埋め込まれているボックスの画像です。

このボックス上下の赤円の中心部には、ネジ穴(4㎜)がありますので、このねじ穴を使って子機を固定します。これは木造住宅に設置されているボックスも同様です。

このように、ボックスさえ埋め込まれていれば、子機を設置するのも全く手間はかかりませんので、設置経験のない方でもドライバーさえあれば大丈夫です。

  • ドアホン親機
  • 画面:2.7型液晶ディスプレイ
  • 本体:高さ123×幅80×厚み24.5mm
  • 電源:DC2.4V 630mAh)
  • 重さ:約150g(電池パック含)
  • 玄関子機
  • 電源:単3型電池6本
  • 外形:高さ131×幅99×奥行37.2mm
  • 照明:LEDライト

あと、ボックスの中に電線が写っていますがこれは無視してください。この画像は埋込ボックスの状態を説明するために載せていますので。^^;

玄関横にボックスがない場合

さて、上記のように埋込ボックスが設置されている場合には良いのですが、もしボックスが設置されていない場合には、どうやって子機を取付けたらよいのだろうか。

この場合、現在お住いの住宅が「持家」か、それとも「賃貸住宅」かによって事情は異なりますが、なにも埋め込みボックスが付いてないからといって玄関子機の設置ができないというわけではありません。

どういうことかというと、実は、玄関横の壁に、直接子機を取付けるという方法があります。この方法は、木造か、コンクリート壁かによって施工方法に違いがあります。

木造の場合は、木ビスを使用して、壁に直接ねじ込むことで子機を固定できます。ですが、子機を取り外したときに、壁にビス穴が残ります。持家の場合は他人にとやかく言われることはありませんが、賃貸住宅の場合はそうはいきません。

もし賃貸住宅にお住いになっていてテレビドアホンに交換したいという場合は、事前に管理会社に相談するようにしましょう。でも、よっぽど築年数の経った住宅でなければ、埋込ボックスがないということは、多分ありません。

コンクリートの建物の場合

コンクリート造りの建物でボックスが埋め込まれていない場合、木造住宅とは違い、子機をそう簡単には設置することはできません。なぜかというと、次のような手順を踏まなければならないからです。

先ず、コンクリートの壁に振動ドリルかハンマードリル等の電動工具を使い下穴を開ける必要があります。下穴を開けたら、その穴にプラグアンカーを打ち込み、次に木ビスをプラグアンカーにねじ込むという流れで子機を取付けます。

どうでしょう。とっても面倒くさいと思いませんか。こんな工事をするくらいなら、少しお金が掛かっても、プロの電気屋さんに任せた方が楽ですよね。^^;

なのでドアホンを購入する前には、事前に埋込ボックスがあるかどうかの確認をしておくことが大事になります。m__m

ワイヤレス玄関子機の取付け

いよいよ取付です。ここでは、ワイヤレス玄関子機を取付けるためのボックスが埋め込まれている事を前提にして進めていきます。

では、下の画像を見てください。これがワイヤレス玄関子機です。要はこの子機が設置できれば、作業は、もう完了したのも同然です!

ワイヤレス子機

なぜかと言うと、ワイヤレス親機は所定の場所に固定する必要がないからです。また、親機、子機間で電波の届く範囲内ならば、親機を家中持ち歩いて、どこからでも玄関子機との通話が可能なんです。^^

それでは設置作業に入る前に、次のように本体と取付カバーを分離します。

まず、上のイラストの底面部にある①のネジを反時計回りに回した後、②の上方向に持ち上げると、本体と取付カバーを分離することができます。

分離した後は、取付カバーを壁面の埋込ボックスにネジで固定します。またこの時点でも構いませんが、忘れないうちに単三型電池6本を、極性を間違えないようにして入れておきましょう。

それでは最後に、分離しておいた本体を取付カバーにセットします。これで玄関子機の取付は完了となります。^^

ワイヤレスモニター親機の設置

最後にモニター親機の設置です。設置といっても所定の壁に固定しておく必要はないのですが、実際に使用する準備として、付属の電池パックを本体にセットしておきましょう。

電池パックをセットした後は、ドアホン親機を充電台に乗せ、付属のACアダプターをコンセントに挿し込み充電を開始しましょう。マニュアルだと、充電完了までに要する時間は、「約12時間」となっていますので、気長に待ちましょう。

以上で使用できるようになります。あとはしっかり取扱説明書を読み、便利な使い方をマスターしましょう。